「冷えは万病の元」となぜ昔からいわれるのか? 中村式温熱の核心


「健康法」「自然療法」の全体像を理解するのは、専門家でも簡単ではない、とされます。
というのも、伝統医療や薬草学、東洋医学、整体など非常に幅広い体系があり、数千、数万の自然療法がある、ともいわれているからです。

このように「健康法/自然療法」の体系はとても広く複雑なので、多くの患者さんが「何を信じたら良いのか」、「何を実践したら良いのか」、「どう組み合わせたら良いのか」という迷いをお持ちになっていると感じています。
しかし、ここはもっとシンプルに考えると良いのではないでしょうか。

ご存じかと思いますが、東洋医学には、「冷えは万病の元」という有名な言葉があります。
「健康維持の基本は、温めることから始まる」という意味の教訓だと考えます。

実際のところ、複合的な問題を抱える人も多く、温めることを含め、「たった1つの健康法」だけで健康を維持できる方ばかりではありません。
おそらく、複雑な自然療法の全体像の理解も必要になりますが、それには、まず中村式温熱の「東洋三理」の考え方を最初に理解すると良いでしょう。

中村司のモットーは「シンプルでわかりやすく」「努力いらずで」という2点です。
そのためか、中村式温熱を、「自然療法の一つの入り口」と表現されることがあります。(これには非常に納得しました)

特に初心者の方にとっては、体を温めることにまず中心を置いてから、他の自然療法を順次取り入れていくという順番が、理解しやすいことでしょう。

どんなに良い健康法でも、やはり毎日の「実践」が大切です。
日々、楽ちんに温めて、健康を維持してほしいと願っております。

             中村 司




血流改善こだわりホットパック

シエスタ

遠赤医温


カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業日

ご連絡と店舗発送は、休み明け後の対応となります。

ページトップへ