その他

難病請負人 中村司プロフィール





難病請負人 中村司(なかむら・つかさ)プロフィール


(一財)日本東洋医学財団 理事長

中村式温熱療法 提唱者

「リウマチ卒業生に学ぶ9レッスン」著


----------------------

わたしの祖母は難病のリウマチで、寝たきり生活を27年間つづけました。
幼少ながら、寝たきり介護を手伝っていた記憶があります。

病気の残酷さを痛感したことで「難病の治癒」が人生のテーマとなります。


東洋医学の国家試験の勉強では、既存の医学に期待していなかったため、成績は「並」以下だったと思います。
あるテストの内容が難解で、名前を書いて、わかる問題だけを回答し、サッと提出しました。
ところが、後からわかったのですが、テスト用紙の裏にも問題があったのです。
テスト用紙の裏側を見落として、表だけを回答していたので、確実に赤点で、顔から血の気が引きました・・・

----------------------

とはいえ、国家資格を取得後、幸運にも、作成した臨床データが評価されたおかげで、有名な病院で東洋医学部門の責任者を勤めることになりました。
模索する中で、股関節の痛みに対してはKIK療法という独自の治療法を確立できました。

リウマチに対しては『これだ!』という効果的な治療法は見つかりませんでしたが、病院に勤務中、とても幸運だったのは、リウマチが治った元患者さんが存在しているという情報に接し、直接、教えを乞うことが出来たことです。

この元患者さん(病気を卒業した人)へのインタビューが「難病請負人」の活動の原点になります。
(幸運の元となった臨床データも、アンケートやインタビューの集積ですから、「聞き取り」の大切さが分かります)


ただ、元患者さんや偉大な先達から「効果的な治療法」を深く学ぼうとすると、西洋医学をメインとする病院に籍を残すのは困難なことでした。
そのため、キッパリと退職を決意しました。

周囲からの反対もありましたが、信念に基づいた行動ができたので、迷いもなく、妙にすがすがしい気持ちでした。

----------------------

また自分自身のこととして、交通事故の後遺症で10年ほど苦しめられました。
首や背中の筋肉が硬くなると、つらくて、夜も寝られません。

さらに、自身にリウマチが発症し、ベッドから起き上がれない、ペットボトルのふたが回せない時もありました。

身体が痛い時、体調がすぐれない時には、すぐ温めました。
『中村式温熱療法』の原点です。


遠赤外線といわれる波長には、とくに痛みや血行を改善する、とても不思議な力が秘められていると常々感じます。
このように自分や周りが、何度も救われてきた実績があり、皆さんにお勧めしている次第です。

----------------------

現在は、健康や人生にとって、最も大切で、基本となる部分はメンタルだと強く訴えています。

そのキッカケは、古い話になりますが、県庁も後援する大きな患者集会に招待され、基調講演をした後、ホッと一息ついている時に老患者さんから掛けられた痛烈な一言でした。

「先生のお話には、心の話がなかった。それだけが残念」。
その瞬間、私の顔はこわばっていていたと思います。


当時、「メンタルの重要性」を認識していたものの、立場上、言っていいのか、わかってもらえるのか、という自主規制のジレンマを抱え、できるだけ避けていた私に「覚悟」を迫る、忘れられない言葉となりました。
それ以来、批判を受けるのも覚悟の上で、「どんな重病の人でも、心の力を持っている。医療技術でなく、自分のこころの使い方次第で、人生を向上させ、楽しく生きられる」というメッセージを伝えています。

----------------------

『日本東洋医学財団』の活動をつづけることで、本来あるべき「理想の医療」を模索する医師たち、志のある治療師の仲間たちにも出会えました。

とくに、故・安保徹 新潟大学名誉教授・医学博士と共同講演をさせていただき、晩年、親しくお話しできたことは、わたしの誇りになっています。



 難病請負人 中村 司 プロフィール-----

(一財)日本東洋医学財団 理事長。
東海理学治療センター 特別顧問。
中村式温熱療法 提唱者。



難病専門病院で、東洋医学部門の責任者をつとめた後、 横綱・大関、金メダリスト、プロ野球選手、ダーツ世界2位の勝見翔選手らプロのトップアスリート、衆参国会議員、俳優、歌手、テレビキャスターなど40年間・15万人の治療を担当してきた東海理学治療センター 特別顧問に就任。

「難病請負人」として知られ、講演等の招致・活動は世界30ヶ国にも及ぶ。


また、インド音楽界の人間国宝をはじめ、国際的な指揮者や演奏家、著名作家、大学教授らも多数愛用し、「使いやすさ日本一」と称される『中村式温熱療法』を考案。


治療法開発者でもあり、東洋三理療法、KIK療法(TM)、自在鍼・自在心セラピー(TM)、活性免疫温熱療法(TM)などを創案。

著書に『リウマチ卒業生に学ぶ9レッスン』があり、Amazon「医療・健康」の5部門で首位を独占。
「ツキを呼ぶ魔法の言葉」など350万部以上ベストセラーの五日市剛氏、ケイシー療法の第一人者 福田高規氏からも祝辞が寄せられる。



  【 海外・国内の主な活動実績 対談・共同講演など 】


2013年  インド・ニューデリー 講演。

2014年  米国・セドナ 講演。

        カナダ・バンクーバー 講演。

2014年8月  故・安保 徹 (あぼ とおる) 新潟大学 名誉教授 (医学博士) と共同講演。

2014年6月 「医学不要論」「日本の薬漬けを斬る」など多くのベストセラーで知られる
       内海聡医師と共同講演。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業日

ご連絡と店舗発送は、休み明け後の対応となります。

ページトップへ