難病請負人 よもやま話

苦痛、勘違いの痛みについて

<苦痛について>


リウマチの痛みについて、「医学的に正しい・正当な痛み」だと思い込んでいる人が多いようです。

そのため、「その痛みの大部分は幻影だよ」というと、ポカーンとしてしまう患者さんもいらっしゃいます。

--

まず体の「痛み」と心の「苦しみ」を分けて理解することが大切です。

いま苦しんでいる人にはおそらく同じに見えるでしょうが、
「別の視点、別の次元」のことといってもいいかもしれません。

たとえばスポーツ選手のケガは「痛み」です。
リウマチの人の多くは「苦痛」と表現すると分かりやすいかもしれません。

痛みの大きさが同じでも、「苦」の一字が入ると感じ方は大きく違うわけです。

苦痛とは、「苦しさ」を伴った痛みです。
内面の核の部分が「苦」の心です。

痛みの信号が同じであっても、もともとの苦しみ(苦の心/傾向性)の量は人それぞれであり、決定的な違いを生んでいます。

------------------------

<勘違いの痛み>


国際疼痛学会により作成された痛みの定義があります。

「痛み」の正体は、複雑であり、かなり苦心したようで、難解なのでポイントだけ述べておきます。


1.痛みは、「感覚」だけでなく「情動」が関与する。

2.組織の実質的変化がなくても、痛みは発生し得る。


この2点をまず押さえておきたいところです。


私の表現では、「間違った痛み」「勘違いの痛み」ということになります。


ある人が、体に痛みを感じる時、本来感じるべき痛みの量より大きく感じることもあるし、小さく感じることも可能です。


視野を広げることで解決できることは多いものです。

私は、「両極端を見ることは素晴らしい」とよく言うのですが、痛みを小さくする試みだけでは、全体的な理解は困難と思います。


そうではなく、痛みを大きくするテクニック、小さくするテクニックの両方を体得することで、「痛みは自分でコントロールできるんだ」という自信がついてくることでしょう。


この自信と理解が、東洋医学・代替医療への確信、ひいては内なる治癒力への確信に至れば、一生の宝物になってくれるのではないでしょうか。



カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業日

ご連絡と店舗発送は、休み明け後の対応となります。

中村司プロフィール

中村司 個別セッションなど

難病請負人 よもやま話

“温熱製品”の詳細

ご注文・お問合せ

ページトップへ